肌に黒ずみやあざがある場合も脱毛は受けられるのか?

日頃の暮らしの中では誰もができるだけ手軽に美を手にしたいと考えるものです。
しかし仕事や家事などの合間を縫って自己脱毛を続けるのは手間暇がかかりますし、極めて厄介なもの。


このジレンマを回避して安心できて安全な脱毛を行うためにも、エステやクリニックでプロの手に委ねることは得策と言えるでしょう。

ただしレーザーやフラッシュの脱毛を受ける際には注意点もあります。



これらは専用の機器から照射される光のエネルギーが毛根のメラニン色素と反応することで組織にダメージを与えますが、もしも肌に黒ずみやほくろ、あざなどのメラニン色素の沈着が見られるとこれにエネルギーが集中してしまう危険があるため施術を受けることができない場合も多いのです。
しかしだからと言って、肌に黒ずみやあざがある人が一切の施術を受けてはならないというわけではありません・エステやクリニックでは他にも様々な脱毛法を実施しており、ワックスやクリーム、ジェルなどを用いた施術ならばこれらの肌コンディションは一切関係なくムダ毛を処理することが可能です。


また、微量の電流を流したニードルを毛穴に刺して毛根にダメージを与えていくニードル施術もまた、メラニン色素と全く関係がないので誰もが安心して利用することができます。



また最近の最新式のレーザー脱毛機の中には肌に黒ずみやあざ、ほくろなどがあってもそれらをきちんと判別してムダ毛だけにダメージを与えることができるものも出てきているので、症例に該当する人はこれらの機器の導入実績のあるエステやクリニックを探して活用すると良いでしょう。